スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

紫外線の強さと季節

紫外線対策の重要性は、 その地域や季節などによって変わり、注意が必要となってきます。
状況の把握と注意を、きちんとしなければなりません。

●地域
紫外線は南に行くほど強くなり、南に行くほど太陽の日差しが強くなることに比例しています。
紫外線は一年中あり、絶えず対策をしておくことが必要ですが、特に紫外線が強い時期としては4月〜9月ごろまでが挙げられます。
1年間の紫外線照射量の70%〜80%が、この時期に放射されているとされています。

●時間帯
太陽の日差しに比例しているため、正午から午後2時ごろにかけて、一番紫外線が強いとされています。
この時間帯で、夏は1日の紫外線量の60%〜70%以上を占めていて、冬は1日の70%もの放射量を占めているとされています。

●曇りの日
紫外線が少ないから、対策は不要だと安心しがちですが間違いです。
曇りでも雲が薄いときは、紫外線を80%以上通すため日焼けします。

●水に入っている時
紫外線が当たらないからいいというわけではありません。
水の場合、水面反射があるため、地上にいるよりも余計に強く、紫外線を浴びる可能性がありますから、日焼け止めを塗るなどきちんと紫外線対策をしてください。

●冬
冬だからといって安心できません。
適度な紫外線対策をしてください。
<< 紫外線の種類と対策 | TOP | 日焼け止めの口コミと身近な情報 >>
| 紫外線の強さと季節 | 紫外線対策 |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ