スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

紫外線の種類と対策


紫外線対策は、夏だけではなく、ほぼ一年間通してする必要があるんですね。 
地球には3つの太陽光線が届き、紫外線、赤外線、そして可視光線です。
紫外線は、その中でも波長が短くて、エネルギーが高い光のことを言います。

波長は、一番短いが紫外線、次が可視光線、そして一番長いのが赤外線です
赤外線は地上に熱を送り、可視光線は地上に光を送ります。
そして紫外線は人間の皮膚でビタミンDを合成します。

しかし、ビタミンDは食事から摂取することもでき、また赤外線を浴びて合成することもできるために、紫外線の役割は、皮膚などにもたらす有害な影響に注目されがちです。
紫外線は高エネルギーをもち、私たちの肌にもたらすエネルギーも相当なものなので、紫外線対策が必要となってくるのです。

紫外線の中にはUV-AやUV-BそしてUV-Cの3種類あります
・UV-C
一番有害な紫外線で皮膚がんや免疫力の低下、白内障などの危険があるのですが、これはオゾン層で吸収して地球にはほとんど届きません。
・UV-B
地球に届く量がオゾン層の増減によって違います。
UV-Bを大量に浴びると、UV-Cと同じく皮膚がんや、免疫力の低下や、白内障などの危険があります。
・UV-A
ほぼすべて地表に到着する紫外線です。
浴びると日焼けし、大量に浴びると皮膚の老化が進行します。
一般的に私たちが紫外線対策として気にかけているものは、UV-BとUV-Aになります。
<< 加齢臭対策のいろいろ | TOP | 紫外線の強さと季節 >>
| 紫外線の種類と対策 | 紫外線対策 |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ