スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

日よけシェード

紫外線(UV)対策の日よけシェードについて紹介しましょう。
オーストラリアなどの紫外線(UV)対策「先進国」では、皮膚がんがすべてのがんの半数近くを占めることから、国をあげて紫外線(UV)防御対策に乗り出しています。それと比較すると、日本はまだまだ紫外線(UV)対策への国全体としての取り組みが未熟な「後進国」といえるかもしれません。

紫外線(UV)対策としては、いくつかの方法が挙げられ、日本ではその多くが個人の責任にまかされています。日焼け止め(サンスクリーン)クリームや、紫外線(UV)対策用の帽子、長袖のブラウス、日傘などです。しかし、忘れてはならないことは、紫外線(UV)は何も戸外だけではないということです。家のなかにいるから、紫外線(UV)の刃は襲ってこないと考えたら、大間違いです。5月ごろから窓辺で日向ぼっこすると楽しい季節ですよね、でも、これが案外、危ないのです。窓際から降り注ぐ温かな太陽光線には、強烈な紫外線(UV)が含まれています。

日差しがぽかぽかするのなか、小さな赤ちゃんを窓辺であやしていると、赤ちゃんの柔らかな肌は、紫外線(UV)の直撃を受けてしまいます。かといって、家のなかで帽子をかぶるのも妙ですよね、それに家のなかでこそ、日焼け止め(サンスクリーン)を落としてすっきりとしていたいとも思います。そこで強い日差しを窓際からシャットアウトしてしまうのが、日よけシェードです。現在市販されているもののなかには、非常に細かい繊維で作られた不織布を素材にしたことで紫外線(UV)はきちんとカットし、かつ明るさや涼しい風は通してくれるという優れものの日よけシェードが市販されています。
<< 日焼け | TOP | 日焼け止めを選ぶ時の情報は? >>
| 日よけシェード | 紫外線対策 |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ